読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    Concept memo “Free Improvisation”

     私のピアノの即興演奏は、ある作曲家のレッスンによってある課題を出されていた。それは、固定化することである。

     クラシックや現代音楽。例えばJohn Cage 4:33であっても、楽譜=Scoreというものに固定化されている。また、打ち込みは電子計算機上のmidiソフトやその他DTMソフトに対して再現を指示しており、同じように再現できるように固定化されている。また、録音は電子計算機等に対して記録され固定化されているものである。
     と、いうように、今日音楽において”固定化”されたものはますます重要になっている。特に作曲という制作行為においてはそれは顕著というよりも必須である。
     音というのは波長による力学的エネルギーであり固定化されなければ、減衰して消えてしまう。即興演奏というのも、固定化されなければ、消えてしまうものである。
     ”即座に興ずる”ものをどのように制作とするか。作品とする。については、一つの重要視された方法として記録するという固定化が必要である。

     

     それと同時に指摘されていたのは、「固定化されることから逃げている」。ということだった。固定化することが必須な作曲において固定化することを嫌がるというのは、”反作曲的”な行為である。
     レッスンは作曲以外の事が教えられ、一つは「ピアノの即興演奏をどのように意図して弾くか」ということであった。また、「ダダイズム」や「コンセプチュアル・アート」、芸術家としてのOno Yokoなどについての解釈についても学んだ。


     マルセル・デュシャンという芸術家は『泉』という作品で既製品の男子便器に”R.Mutt”というサインを書いただけの作品を発表した。レディ・メイドの一作品である。レディ・メイドの明確な定義について所論あるが、既製品を用い既存の制作を放棄し、コンセプト(Concept)を制作することによって制作される。既成の破壊という反芸術的な芸術行為であった。という定義が可能であろう。
     John Cageの4:33については”無音の音楽”であるが、マルセル・デュシャンなどのコンセプチュアル・アートにも影響をうけたとされ。楽譜(Score)にあるのは休みと三楽章、時間の指定のみであり、コンセプト(Concept)を制作することによって(既成的)演奏を放棄している。ともいえる。また、その他の楽譜(Score)よりも、演奏者を固定化しているともいえる。
     音楽家であり、芸術家でもあるOno Yokoは元夫作曲家 一柳慧 の影響でJohn Cageの影響を受けている。Ono Yokoの芸術家としての活動を通してダダイズムなどの現代芸術、現代音楽の影響を受けている。

     

     現代芸術や現代音楽についてレッスンで触れ、先生からある一言が発せられた。”現代を直視すれば現代アートになる”ということである。また、それについて関連すると思われるTweetが三上寛が行っており、 “都会の『アート』は、田舎の『自然』。 “*1ということである。
     これらを私なり解釈すると、”現代は歪んでいるので、自然と歪んだものが表現される”と解釈している。クラシック的近代的な表現を好み、現代芸術、現代音楽を嫌うというのは、自然なことであり、わざわざ”歪み”を見る必要はない。ということが大衆心理であり、現代芸術、現代音楽の商業的な失敗の一つであると思う。

     

     私は意識的に、固定化と反固定化を意識して、さまざまな即興活動、例えば、ピアノ、トランペット、ギターなどの音楽から、ダンス、即興詩、散発的なメモ(memo)、散文、Reblog、つぶやき、絵などを表現してきた。それらに対する評価はどのようになるだろうか。即興活動中ばなのでわからない。
     固定化を拒むことから始まった私の即興活動は、現代の歪みを伴っており、ある意味反芸術的、ダダイズム的である。現代芸術、現代音楽を嫌うように嫌われるであろう。私が外部から固定化されなくなり、嫌われるのであれば、”制作としての即興活動”としては、成功したといえるだろうし、反面失敗したともいえる。

     

    2017-2-6 Keiichro Kato

    JASRAC委託曲である、John Cage4:33について"演奏かどうか"の判断基準。

     簡潔に。
     ジョン・ケージ4:33は三楽章全てにおいて「休み」という指示が与えられている。休みとは演奏しないこと。そして、奏者には楽章間の区切りをどうつけるか。という自由が与えられている。
     "無音の音楽"である、ジョン・ケージ4:33を演奏したか、という判断基準の一つは、奏者が楽章間の区切りをどのように明確にしているか。ということである。
     いうまでもないが、楽章間の区切りがないのは演奏ミスか、4:33を演奏していない。ということになる。

     

     また、ジョン・ケージ4:33はダダイズムコンセプチュアル・アートから影響を受けているとされるが、それについては、後述する。

     

    関連

    Concept memo “Free Improvisation” - 考えたことについて書いていく

    シュルレアリスム(シュールから転送) - Wikipedia

    忘却曲線はどんな曲線よりも美しい

    忘却曲線はどんな曲線よりも美しい

     

    The End

    2016年クリスマスと高円寺無力無善寺の事件についての「個人的見解」

     ※あくまで個人的な見解です

     まぁ、私のブログは基本的にわざわざ言及する人もいないような人を引き付けないブログなんで書いても大丈夫でしょう*1*2

     

    追記

     本件の当事者である無善法師によると、交渉にて無善法師はきみえさんを殴っていない。という確認がきみえさんと関係者の立会いのもとなされたそうである。

     

    追記

     主催者の青春カフェさくらい氏は2017年4月現在高円寺界隈や無力無善寺で出演した人と共演や対バンをで活動中である模様。意図は不明であるが名誉回復などを狙っている可能性は否定しない。

     

    追記

     この件の関係者が私に対して、誹謗中傷や名誉毀損を目的とした噂を流布している可能性がある。

     

     

     Twitterダイレクトメッセージで本人(きみえさん)から連絡があったので。やりとりしました。また、やりとりには個人情報が含まれるので、抜粋です。

    (略)ただ、残念すぎて悔しくてブログにあのような形で書いてしまいました。自分とオーナーさんが終わったと言っても周りはまだ燃えてると思います。でも貴方様のように冷静に対応してくれる方がいたことに凄く感謝です。タカバタケさんや他のお客さんの分の謝罪はこんなメッセージからとなりますが本当にスミマセンでした。

     また、このようなことが起きたことについては遺憾に思います。

     

     私は1/15(日) 西荻窪 HANAに行われる三上寛 詩学校にも事件、炎上前から参加予定であり、炎上中出演することとなった三上寛さんが出演するアートバアが被害者に便乗して誹謗中傷さたことなどについて、強く遺憾に思います。また、2017年1月に三上寛さん及び私は無力無善寺に出演予定があります。 

    2017. 1月 三上 寛 ライブスケジュール|三上寛オフィシャルブログ・寛闊

     

    追記

     私もまた、無力無善寺界隈の人間であり、炎上被害者であります。

     

    追記

     暴行の有無にかかわらず、無力無善寺の出演者(未来、過去)、関係者等に対する業務妨害行為、誹謗中傷行為は控えるべきだと考えております。

     

     さて、本題です。

    クリスマス(25日)のライブに事件が起こりその後炎上。

    当日の写真について、

    f:id:cdr65820:20161231112959p:plain

    f:id:cdr65820:20170105192318p:plain

     

     これについては、24日(25日)のに書かれたきみえさんのブログで、血糊を使った画像を使用しており(上の画像)、笑いを取るために血糊を使用した可能性がある。と、考えています。本人のツイート、ブログでは「血が出た」という発言は現時点(2016/12/31)で見当たらない。

      

     血糊を使った写真があるブログはこちら。

    ameblo.jp

     

     また、まとめサイトで尾ひれがついて「殴る」「殴る蹴る」になったりしていますが、実情としては連日ライブをするくらいは元気のようです。

    f:id:cdr65820:20161231113225p:plain

     

    追記

     事務所所属の芸人であるにも関わらず、事務所からの声明等発表されていない。刑事告訴されるような重大な事件であるならば、事務所から声明があるのが当然だと私は考えます。

    officebird.jp

    それに関連するツイート。

     

     

     無善法師のツイートでは桜井氏とバトルしたそうです。つまり、店主と主催者がバトルしたということです。

        (追記)また、女性については無善法師が認めたのは当たった可能性のみです。つまり、少なくとも、あたっていたとしても、過失であり、故意ではないということです。また、その場合責任については主催者にもあると私は考えます。

     

    また、上記のツイートは12月30日

    どんな事でも受けて立つことが出来るのは|きみえ(∵)キュウリが好きでなにが悪い

    きみえさんの最新のブログの更新は2016-12月31日

    和解は12月29日(ツイートは30日深夜)

      和解後もお互い書いていることから、お互い納得のいかない(異なる主張である)ところがあるのだと思います。

     

    関連ツイート 

      ファン(きみえさんいわく、客)の、たかバスケたかバタケ [ゆかり帝国民]  ( @takaxxvi )さんは法を知って拡散行為などを行っており、民法上の悪意を認めているが、あくまでも刑事事件として解決することをこだわり、また、被害届ではなく、頑なに刑事告訴すべきだと主張するというところに疑問点を感じる。

     殴られたとされる女性は被害届を出したという主張だが、関係者の友人がfacebookに投稿した話では被害届を出したのは無力無善寺とのこと。どっちが正しいのかは私の方ではわからない。もちろん、12月28日ともなれば、翌日には民事を扱う裁判所は休みになる。

     複数の意味で疑問の残る事件であったと思う。

     

    追記

    f:id:cdr65820:20170101165255j:plain

     怖い人から電話があったということであるが、それについての事実関係は明確には不明。

     

     

      ※あくまで個人的な見解です

     

    追記 htmlのソースコードも見てね

    追記 文章の校正も含めて今後も更新する可能性あり。 

     

    追記

    桜井氏からの追加の報告は現在(2017/1/5)のところなし。

     

    自分で書いたものを転載。

    無力無善寺とはどういうところなのか? 現役の出演者から - 考えたことについて書いていく

    追記

    16/12/28

     事実として、自殺志願者の話を聞いて自殺行為を思い止ませたことも多数あるというのが、現状だということです。

     たまに死んでしまった、しかも若い人の話を聞くこともあります。

    この追記を書いているのは改修工事後ですが、改修工事前はなくなるという噂も確かにありました。ただ、私を含めた行き所のない若者の居場所でもある。という現実もあります。

     

     

     

    関連

    cdr65820.hatenablog.com

    ゴゴ速はコメント欄参照 

    高円寺のライブハウス無力無善寺でクリスマスにオーナーが女性を殴る蹴るの暴行事件 オーナーやってないと嘘まで | ゴゴ通信

     

    年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)

    年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)

     

     

    *1:私のとある制作、著作物は国立国会図書館におさめられていたり、書いたものが公文書となっていたりするので、作家等言論界隈の人間でもであるともいえます。高円寺界隈では哲学道場高円寺参加者でもあります。

    *2:わざわざ言及するひとがいないのはなぜかは、過去ログでも見て下さい。

    インターネット老人会というハッシュタグについて

    web ネット

    インターネット老人会というハッシュタグについてまとめられていたのを見つけたので見つけたので、見つけたので、それについて書いてみる

     

    失われたインターネット文化『キリ番』『バナー交換』等々これ全部理解できたら…?「懐かしすぎる」「1つも分からない」 - Togetterまとめ

     このようなツイートから始まった模様

    キリ番

    いろいろあるけれども、今はアクセス数インフレしてキリ番どころではないかな。ニコニコとかで2getとかコメント数で11、22、100とかとかでキリ番文化は残ってますね。

     

     バナー交換

    バナーってこういうやつですね

    f:id:cdr65820:20161018163415g:plain

     バナーはそのページをしめす画像のような・・・感覚的に使っていたので言葉にすると難しいですね

     

    バナー - Wikipedia

    バナー (banner) はウェブページ上で他のウェブサイトを紹介する役割をもつ画像(アイコンの一種)のこと。 本来、旗印を意味し、ウェブページ上で広告が目立つように使われたことから、この通名で呼ばれ定着した。 主に広告・宣伝用に作られ、ウェブサイトへのハイパーリンク用にも利用される。

    ・・・ということらしいです。 

     

    バナーとともに語らなければならないのはWebリングですね。

    ReadMe!が一番有名なんでしょうが、数年前くらいまで稼働してた三国志連環は私の場合よく見ましたね。webringの仕様変更が周知されていないため、稼働できてなさそうな感じです。

    ReadMe! JAPAN - Top Page

    ReadMe!に残っている文章で、

    休止にあたり運営者より御挨拶 (2008.2.29) - greetings - ReadMe!というのがあるんですが、いまでも感ずるところがありますね。

    1996年の僕は、メモリ16MBのデスクトップPC・3分40円の高価な回線・28,800bpsのモデム・月$20のバーチャルサービスを使ってを立ち上げました。
    2008年の僕は、メモリ1024MBのノートPC・月6千円で使い放題の100,000,000bps FTTHを通じ、東京から600km離れた街で仕事しています。
    この12年、技術の進歩は実に驚くべきものです。

    にもかかわらず、こんにちの生活は、必ずしも豊かになったとは言いがたいものがあります。
    世を占めるウェブサイトの多くが時間泥棒へと姿を変え、ときには人々を苦しめるための凶器に成り下がっています。
    Alexaの調査によれば、全世界のウェブサイトの実に98%がより遅いそうです。
    画面の4分の3が広告や無意味な情報で埋め尽くされ、人々を機械の前に縛り付けて離さず、未知なるものと出会うための時間を奪い、機械無しで生きてゆくための能力を奪ってゆきます。
    この業界でこの仕事に携わる一人として、恥ずかしく、また悔しく思います。

     

    話は変わりますけれども勢いで、さっき https://www.webring.ne.jp/ で作ってしまいました。

    Webling:Under The Sky
    ハンドル[ Tenku ]
    [ 一覧| 前へもどる]
    [ 次へ| ランダムで移動]

    こんなかんじのやつです。 

    簡潔にかきました。

    Webringを作ってみました - 考えたことについて書いていく

     

    コミュニケーション能力のあまりない私にこのあたりのことを語らせても意味がなさそうなので他の人に譲りたいです。

     

    テキストサイト時代なら、今でもあるネットゲームの「クラン」「ギルド」のページがたくさんありましたね。私も「Age of Empires II」にはまっておりまして、ZONEがあった時代のGVとONEに所属していましたね。サイトも有りました。そのころのHNはGV_gunshibashokuとか名乗ってたと思いますね。黒歴史です。クランのサイトに年齢13とか書かれてたけれども、そういう若干の許容性はありましたね。今がないわけではないですが。一部厳しい気もします。

     

    h抜き

     それは、いまでもある2chの文化なのでは・・・

     

    検/索/避/け

     それは、わりと他のものより後の文化なのではないかと

    現役ですね。方法は違うでしょうが。

     

    藁 香具師

     藁はチャットあたりで、香具師はにちゃんねる過疎板で使われていても驚きはしないです。

     

    では、よき倫理を! 

     

    電気サーカス

    電気サーカス

     
    卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)

    卒業式まで死にません―女子高生南条あやの日記 (新潮文庫)

     
    生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相

    生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相

     

     

    Webringを作ってみました

    Webringを作ってみました

    懐古趣味です。問題ありません。

    現時点でこのブログしか登録してません。少しずつ増やそうと思います。 

     

    Webling:Under The Sky
    ハンドル[ Tenku ]
    [ 一覧| 前へもどる]
    [ 次へ| ランダムで移動]

    一部記事を下書きにしました。

    一部記事を非公開にしました。必要な方は私に連絡をください。

    なお、以下については公開のままにしております。

     

    カウンセリング治療を受けて欲しい - 考えたことについて書いていく

    NEET株式会社のスクイッドさんのツイートを紹介してみる - 考えたことについて書いていく

    リバ邸について考えたこと - 考えたことについて書いていく

    告知 株式会社参謀本部について - 考えたことについて書いていく

    東京簡易裁判所平成27年161号事件について - 考えたことについて書いていく

     

    追記

    勝間塾サポートメールのブログ記事については塾生、クライアントとして人間関係や金銭等の対価として得たものであり、株式会社監査と分析及び勝間塾に対しての業務妨害等の意図はありません。

    もし、不可であるのならば、母のガンで最も大手術だったのが2013/11、勝間塾入塾も 2013/11。時間を返してください。

     

    id:Rlee1984 id:netcraft3