散文

秋の夕日は何者にも代えがたい 澄んだ空気に 紅の日が差す 静かに窓から眺めている こういう文章だいぶこっちで書くことにしました。よろしく tenku darkの雑記

『人間らしく生臭く生きたい』

気づいたら、周りは普通すぎた。服装も、動き方も、考え方も、なにか決められたものに動かされているような。そんな風に見えた。 そんな人間になるのが嫌で、逃げてきた。見下したりして、ものを作るのは自分みたいな人間の仕事だと思ったりした。けれど、な…

不死鳥

昔、軍隊に居た。不死鳥という名の軍隊。 行進する時に足を合わせなければいけなかったし 個性を出してはいけなかった 仲間という割に、変えはいくらでもいるのだろう そう思っていた 事実そうだろう あそこに居た頃は楽しいことはあまりなかったし 向いてい…

みなさま、こんにちは。十日くらい前までは、まだ冬が長引き、まるで春が来ないような。そのような気がするくらい寒い日が続いていましたね。数日前から、暖かい気温になって、電車で窓を眺めていると桜が見えて、ようやく春が来た。と実感できます寒いのは…

挨拶

みなさま、こんにちは。十日くらい前までは、まだ冬が長引き、まるで春が来ないような。そのような気がするくらい寒い日が続いていましたね。数日前から、暖かい気温になって、電車で窓を眺めていると桜が見えて、ようやく春が来た。と実感できます寒いのは…

友人が死んだ

友人が死んだ トラブルメーカーだったが、 最後まで誰かを助けようとしていた 二年前にも友人が死んだ 同じく、トラブルメーカーだったが、 最後まで誰かを助けようとしていた 自分も死にたくなったりするが、 その悲しみを思い出して毎回やりすごしている …

「生きて」

死んだように生きる http://colopon.hateblo.jp/entry/2014/03/14/080141 >私は比較的高学歴といわれる部類に入る大学を卒業し、上場企業に入社した。 この時点で十分頑張ったと思うけどね 天辺じゃないと生きてる意味が無いといえばそれはちがう。 目標が…

一本通行の道。振り返ると、今まで通ってきた風景が広がっている。進む道は枝分かれし、いくらでも行き先を決めることができる。しかし、進んできた変わらない道を眺めることは甘美で、魅力的で。ずっとそうしてきた。 私は長く立ち止まりすぎた。行こう。見…

何者にもなれない

「何者にもなれないお前たちに告ぐ」という台詞があるアニメがあった。 「何者」ってなんだろう。 私は私以外にいない。その時点で私ではある。 天辺にいる人たちだろうか。そこ行き着くまでには苦労と、才能と、努力と運。さまざまなものが必要だ。言うまで…

散文詩

夜は静かで、美しく、何も語らない。語るのは人のみ。多くの言葉によって、物語は紡がれていく。イエスという人がいた。または、釈迦という人がいた、船があった。というように。語られるのは美しさだけではなく、憎しみや醜さもまた、言葉によって発せられ…

明日のパンと回線

明日食べるパンではなくて、ケーブルで繋がった先の人たちのことを思い悩むなんて、実は、平和なのかもしれません。不幸なように思えて、贅沢な日々なのかも。と、考えた

口をつぐんで暮らす

協調性がない。日本では行きにくい人種だ。 学ぼう。知の彼方まで。

数年後、あああ(ry!!!!ってならないように

動き出そう。意志を持って。過去を呪うよりきっといい。

どこへ向かうか。

決まった。自分だけの道。やっぱり、自分の人生は、自分の人生だし口だけしかだすきはない人に変えられない

なぜブックマークするか

意見を言いたいだけじゃない。スターがほしいんだ。星が。

空間に向けて吐かれた息は白く、冬を感じる

失う

失われたときしか気づかないことがある

仕事、金、人権

働くことに頭をやられちまったやつは、労働能力がないと人権が発生しないとかんがえているらしい。 どんなに人権屋だとののしられても、人間は生まれながらにして、生存権――生きててもいい権利をもっていると主張し続けるさ

愚痴愚痴

ついったー書き込み書き出し 小遣い三万で終電まで働いたら、そりゃ電車に飛び込むわ 社会人ってやばいね 休みを取ることがなんで、そんなにわるいんですか?? 社会人とかいうやつらは、てめえは社会でやっていけないとか、ひどいことをいいながら、そいつ…

自殺

日本人は死ぬ、自殺で。三万人。これは、殺人の30倍。そして、20代の死因の一位は自殺。 辛いのは当たり前という人に囲まれたら、同調圧力の強い日本人は死ぬだろう。ネットをみてても、誰かに接してても、自殺も、犯罪も、生活保護も、仕事をやめることもだ…

大学生

サイゼリアで「死にて―」と言う大学生。誰がこんな閉塞感ばかりの世の中をつくりだしたのだろうか

会社

ブラインドを閉めきったオフィスは秋の美しい夕日が見られないから、悲しい。夏も冬も一日のほとんどの時間感じることができない。 そんな人間たちが終電まで残業して会議室に引きこもると、おかしくなってしまうのかもしれない。

殉教

資本主義に搾取されたくはない。それならば、音楽に殉教しよう

夕日

大学生の頃は、毎日、秋の美しい夕日を毎日見ることができた。 つらい日々も頑張れた。 しかしながら、今はブラインドの閉じた部屋に入ったら何時かわからないような事務所で働いていて、夕日なんて休日にしか見れない。 他にも、働くことでいろいろなことを…

明日へ歩もう

私は過去があってこそ、今があるが、 過大に過去にとらわれてはいけない。

自殺者製造機

もう、限界。っていってるひとに、みんなは頑張ってるから頑張れっていう人は、自殺者製造機。全員が高い水準を保ち続けられない。人間は機械ではない

favstarにいじめられた

favstarはサディスト。 http://ja.favstar.fm/users/tenku_old/status/1128145314 よりによって、なんでこれだけのこってんですか・・・!?

無題

もはや、何が正常で、何が狂っているかわからない

秋ですね。彼岸を過ぎて、涼しくなってきたと思ったら、日差しが強くて、暑かったり、寒かったりします。やはり、今年は厚すぎるのかもしれません。セミの永遠に続くような鳴き声が過ぎ去った後の鈴虫の音色が静かに鳴いているのは風情を感じます。

逃げる

毒親から逃げようと思う。または、社会から。 かなり迷惑をかけると思うけど、 日本の法律上私の命を合法的に奪えるのは死刑制度だけ。それに、基本的人権では生存権が認められている。それが、私を支えている。 法律も社会を構成する一要素で社会であったり…