ls コマンド

ファイルやディレクトリの情報を表示させる
形式 ls(otion)[derectory name]
オプション

  • a 隠しファイルを含むすべてのファイルを表示する
  • d指定したディレクトリ自身の情報表示する
  • lファイルの詳細を表示する
  • oファイルタイプに応じて色分けして表示する
  • rエントリ名で降順に並び替えて表示する
  • t最新更新日時を最新のものから順に表示する
  • u「-l」と同時指定で、最終更新日時ではなく最終アクセス日時を表示する
  • A「-a」とほぼ同じで、カレントディレクトリと親ディレクトリは非表示
  • Fディレクトリには/、実行ファイルには*、シンボリックリンクには@をつけて出力する
  • Rサブディレクトリも含めて表示する
  • X拡張子でソートして表示する