14歳からの哲学 考えるための教科書


    これほどまでに、平易で深く書かれている本はいままで読んだことがないと思う。哲学するためのヒントがいろいろなところに散りばめていて、自分で考える―哲学するようによく書かれていると思う。著者自身がいっているが、この本に答えはなく、そういう意味で「わからない」。同じく著者が言っているように、知識を得ることを哲学と間違えないようにしたい