読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    14歳の君へ―どう考えどう生きるか


    『14歳からの哲学』とは違い、作者の主張が見えるものとなっていました。いわゆる「問い」よりも、こうある「べき」論であったと読んでいて思いました。正しさとは何なのか、というのはよく見えて来なかった感じです。本を読んだほうが良いというのが主張は明確でわかりやすかったです。つかもうとしてもつかめない感じは著者の特徴でしょうか。そういうのがあったと思います。それこそが、ひとつの「哲学」といえるのでしょうね。