読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    こころ (新潮文庫)


    読み切るのに時間がかかりました。誰でも墓の中に持っていきたいような話はあるけれど、それに翻弄され続けた先生は、とても人間らしさを感じた。後ろの解説でいわれてるように、矛盾点はあったのだけれど、それはあまり気にならなかった。