ネットの海

    どんなに個性的でもより個性的でないとネットの海に飲み込まれてしまう。技術なら、より優れていないと。

     

    そんな、海から浮き上がれるわけでもなく、ただ彷徨っている自分がいる