明日へ歩もう

    私は過去があってこそ、今があるが、

    過大に過去にとらわれてはいけない。

     

    失敗はある。次に来るのはは失敗か、成功か分からない。だが、時は諸行無常。進むのみ。だから、私も進む。