読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    メディアリテラシー 新聞、雑誌、インターネットメディアなどの活字メディアについて

    評論

    新聞、雑誌、インターネットメディアなどの活字メディアについて


    テレビ・ラジオとなにが違うのでしょうか。
    それは、発表する元になっているものが、公共性より、基本的人権である「表現の自由」に基づいていると思っています。
    新聞あたりは、日本はとても読んでいる人が多いので、わりと公共性が売りとしているものの、「社説」等、明らかな主張があります。
    例えば極端な例ですけれども、『しんぶん赤旗』という新聞は災害情報に関して公共性はあるでしょうけれど、
    政治的なものに関して、公共的であるか、客観的であるか。といったら、否であろうと思います。

    もちろん、これらのメディアに関しても広告等を貰っているので、偏りがあります。
    それ以外でも、政治な偏りがあり、読売・産経が右側、朝日、毎日が左側という構図は昔から続いています。


    雑誌については、様々な特色があります。
    女性誌、漫画誌文芸誌、等々。まさに表現で、それぞれ、特色において出版されています
    「流行りのお店」は本当に流行りかどうかは、難しいところだったりします。広告主が流行らせたいのかもしれませんし、
    また、それに乗っかるのも一つの手ですよね。逆に、流行りということにして受け取ったほうが、同じ話題を持っている人とのコミュニケーションでは円滑になるかもしれません。
    インターネットメディアも雑誌と似たような傾向があるでしょう。

    個人ブログ、個人サイト等
    さまざまな主張がされています。
    主観的主張については、その人がそう思っているのでしょう。それを信じるかどうかは自由ですね
    客観的情報を元にしているものについては、引用元があるものを信じたほうがいいですね。
    統計でやったことです。
    信頼性のある情報元であれば、信用度は増しますし、
    何処から持ってきた数字なのか分からなければ、あまり信用しない方がいいかもしれません。

    メディアリテラシーは難しいですね。色々考えて、疑っていても、間違った情報を掴んでしまいます。

     

    別のところに書いたのですが、ここにも転載