読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    「あなたはどの程度、メディアを信頼してきましたか」

    評論

    自己転載

    通常の人に比べるとほとんど信じていないに等しいですね
    なんでこんなに信じているのだろうというくらい周りはメディアを信じきっていますね

    新聞を取るのであれば、一紙では足りないでしょう。最低二紙取りたいですね。
    どこのメディアも都合のいい情報を流しています。それは、当たり前です。
    少なくとも、どういう観点からの情報かというベクトルは必ず発生します。
    それは、このサポートメールであっても、同じことです。強めに信じていいでしょうけれど、100%受け取るのはいけないですね。
    間違えはおかすと思います。

    情報を疑って見ていくとフィルターができてきます。
    そのフィルターがある意味自分のベクトルになりますね。
    だいたいどういう感じの情報は疑わないといけないか少し分かるようになります
    信念のSFがなくても、人間考え方の方向性はある程度存在するのです


    自分自身も、自分自身にとって都合の良い情報ばかり集めて発信している可能性は否定できませんね。

    客観性というのは難しいことです。
    ある意味では事実のみが書き取られているものが客観性なのかもしれません。
    さらに疑うと、知覚のフィルターに事実が捉えられてない可能性もあるので、
    本当に難しいですね。情報というのは。