哲学道場横浜第01回感想

哲学道場横浜01回

f:id:tenku65820:20131205143409j:plain


写真はホワイトボードですね。
和室でこたつに入りながら議論してました。
参加者私含めて三人

楽法梵志氏 @gbonji、谷口氏 @Taroupho 、私(天空@tenku) @tenku です

 

私発表の「人間の自己欺瞞」でいろいろなところに話が飛んだりしてこんなホワイトボードになってしまいました


途中で、「大学で板書書いてもらっても意味が無い」っていう発言があって、
大学の黒板を使うのは、解説しながら書くことが多いんで、
参加してない人から見てなんのこっちゃということになりますね。

発表レジュメの内容としては
人間の欺瞞・矛盾・不完全問題です

レジュメに書いた例としては
クレタ人のジレンマ(自己言及のパラドックス)、
伝言ゲーム(伝えるときに内容が変わってしまう、口伝)、
ソーカル事件(知の欺瞞問題では外せないでしょう)
原発健康被害問題(チェルノブイリを例に出しても統計として20%-70%差がでてしまうので、それは科学的なのかどうか。健康問題に対しては因果関係が多すぎるので、統計でだせるのかどうか。)

派生した話としては、

書き言葉の変遷
江戸(くねくねしたような文字)→明治(旧漢字+カタカナ)→現在(顔文字などが入るようになった)
それに対して、話し言葉はそんなには変化していないのではないか。敬語は江戸時代からできた。敬語の文脈は最近固まった。等
敬語の話で 行きませんでした→行き ませ(敬語) ん(否定) でし(敬語) た(過去形) 

で旧漢字の話になって、藝術の藝は芸になったとか、
藝術大学は旧漢字のままなので、美術や音楽などのほうは昔は藝だったとか
旧漢字から派生してホワイトボードの右上に台湾が中国語で書いてっあったりとか

明治維新で外国語を翻訳しようとした時に福沢諭吉
rightをどう翻訳するかで 権利通貫と訳語を当てようとした話や
そこから派生して、訳問題で、神をどう訳すかで 神(一神教)と神(八百万の神々)でうまくいかなかったことや

定義問題としての科学。そもそも科学はどこから科学なのか。
演繹的であれば科学なのか。反証可能性があれば科学なのか。科学は仮説であるのか。
また、歴史は科学なのか。
演繹的であっても、有限回の連続性しかないので、Aベクトル、Bベクトル、Cベクトルに変化する可能性は否定出来ない。
さらに、もしかしたら、世界は五分前にできたかもしれない。という説もでたり。

口伝によって変化する。仏陀自信は本を書いてないので、教えを聞いて書かれた本は違う人間が書いたものについては、文献学的に矛盾点が発生している。

等々、他にもいろいろありましたが、面白い話が多かったです。