今回の教訓から得られたのは、
    ネガティブなところだけ見ていて、
    相談という殴るのに最適な場面で
    「善意」といいながら殴りかかってくる人がいるということです。
    そういう人たちは自分たちの価値観と違う人に対して
    「社会でやっていけない」「クズ」「君はホームレスになる」
    そういうひどい言葉を自分の価値観と違うからといって
    簡単に他人に言えるたちなんです。

    そういう言葉を言われて、自ら命をたった人を何人か知っているので、
    その人たちを許せないのです。
    死んでしまってから、「奴はいいやつだった」とか、「奴はやはり屑だった」とか抜かす奴らなんですよ。実際見てきてます。私に対して言った人もそういう人種なんでしょう。自分の価値観からしか物事を見れない。小さい人間。

    そういう人たちに対して積極的に縁を切っていこうと思います
    メールもやりとりせず、酒も交わさず
    勝手に私のことをわかった気になって
    勝手に自分の価値観で他人を捻じ曲げようという人たちに対して
    距離をおくべきなんでしょう。