読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    書評『「Chikirinの日記」の育て方

    読書

    ちきりんのブログをどうやって運営してきたかについて書かれた本である。ちきりん女史がいかに自分のブログを大事にしていたかよく分かるような記述が多い

     

    このブログはブランディング戦略の賜物といっていい。ちきりん女史は自分のブログの価値を下げるような行為はほぼしなかったといっていい。このブログを中心に活動を広めていった。短期間的にはアクセス数をあげるであろうことも、ブログの価値を下げ、自分のやり方ではない方法であれば、避けてきたのだ。

     

    あまりこだわっていないといいつつ、かなりこだわってブログ運営をしてきたのであろう。

     

    私のブログに関しては、ほぼこだわりはないし、そういうところで、アクセスはまったくつかないということなのだろう。

     

    一つ見習いたいと思ったことがある。それは、書き続けるということである。私も書き続けたいという願望は合ったものの、ちゃんと継続して、書き続けるということはなかった。影響されて書き続けてみようと思う。

     

    「Chikirinの日記」の育て方

    「Chikirinの日記」の育て方