何者にもなれない

「何者にもなれないお前たちに告ぐ」という台詞があるアニメがあった。

 

「何者」ってなんだろう。

私は私以外にいない。その時点で私ではある。

天辺にいる人たちだろうか。そこ行き着くまでには苦労と、才能と、努力と運。さまざまなものが必要だ。言うまでもなくすべての人たちはなれない。

 

全社的にすでに何者かでは明らかで、後者としては、明らかに達するところまでいるところなのだろう。

 

息を吸うように努力する人には勝てないし、そういう人たちも上には上がいる。というところで満足はいかないのだろう。何かをしたら成果を出さなければいけないような、小さなコミュニティで循環していて満たされていた何かが壊されているようでつらい世の中になったなと思う。