読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    難しいテーマに記事を書くということの難しさと注意点の話 を考える

    id:dobonkai の書いたエントリ

    自殺をテーマに記事を書くということの難しさと注意点の話 - ネットの海の渚にてというエントリは

     

    自殺する人は弱い - grshbの日記 このエントリに対して反論である

     

    この記事は炎上マーケティングを目的として書いていない。こういう記事を書くことについて主に考えていきたい

     

    なお、自分が自殺する人は弱い - grshbの日記にたいして書いた反論エントリは

    人間は弱い - @tenku's blogである。

     

     では、本題に入って行きたい

     

    テーマの難しさ

    自殺しようとしているだれかが直面している問題である。人の生き死に関わっている問題なので、テーマとしては重たい。

    テーマとしての難しさもある。エントリは「自殺をテーマに記事を書くということの難しさと注意点の話 - ネットの海の渚にて」と自殺を見出しとしているとしている。このエントリ自体、自殺をテーマとすることに対して慎重であるべきというテーマで自殺という見出しは適切なのだろうか?というメタ的な難しい問題はがある。センセーショナルであるのはどこまでだろうか?難しい。

     

    言論の自由と議論

    自殺を防止する対策として、なぜ自殺するかと、なぜ自殺へ背中を押してしまうかを分析しなければならない。自殺に失敗したという記事が増田にかかれたり、このように「自殺する人は弱い」とブログに書かれたりする。

    少し違う問題だが、自殺志願者が「死にたい」というのも、リストカットするのもある意味ガス抜きであり、それはすぐにネットにアクセスできてしまう現代では止められない。

    自殺はすでに社会問題であって、その問題として発信されることは禁止されてはいけない。問題は見えてるからこそ対策しなければならないという動きができる。人間は現状維持したがる。現状維持とは、ある意味、見ないことである。あるのに見えないところへ遠ざけてはならないし、解決しなければならない問題に向かわなければならない。

     

    社会構造としての反社会言説

    きれいな街は素敵だ。ゴミひとつ落ちていない街。そういう潔癖症敵で聖人君主的なものにたいして社会はいっていのカウンターとしての言説や文化を生み出す。もちろん、自殺を推奨する言説が何かを生み出すとはあまり思えないが、歴史的に見て反体制的な言説こそが世の中を少しずつ、時に大きく社会を動かしていった。なので、汚いものに蓋をするというのも、手放しに肯定できない。

    だが、弱者をぶっ叩き続けるのも肯定することは出来ないが。

     

    最後に

    私自身は自殺者がもっと少なくなって欲しい。このエントリは反論のようなものばかりになってしまったが、id:dobonkaiのいうことも分かる。やはり、このあたりのテーマを扱うのは際どい。最近毎日ブログを書くようにしているが、難しさとしてこのエントリから学んだことは多い。その点id:dobonkaiに感謝したい。

     

     

    相談窓口として:相談窓口|自殺対策 - 内閣府

     

     

    自殺予防 (岩波新書)

    自殺予防 (岩波新書)