Windowsが面白い理由

    ブログ初めて見たのでwinsowsを思い込みでdisったら炎上した - kurotei datebook

    ウインドーズはクソ - kurotei datebook

     

    読んだら書きたくなりました

    面白いという理由を上げていきたいと思います

     

    自由度が高いので、チャレンジできる

    NEC Express5800/S70 タイプRB - wiki@nothing

    いわゆる鼻毛サーバというやつですが、

    NECのサーバであれば Express5800/110Gdあたりから試行錯誤してクライアント用PCとして使えないか人柱として試行錯誤していて、DellだとSC430とかにVistaとかいれたり、PCI Expressをがりがり削って無理やりグラフィックボード入れたりしていました。最近やってないけどあれは面白かった

    やっぱり、そこら辺考えてからでかいとか言わないと。miniITXとかあるから、小さいマシンも自作できるよ。低熱仕様とかいろいろこだわればにすれば、マジでダンボールPCが作れる(おすすめしないけど)。やっぱりWindowsは改造できるのが楽しみの一つ。(AT互換機でもできるけど、ドライバ的なところを一番クリアしてるのがWindowsなので)

    使えるソフトが多い

    いわずもがな。大体のユーザはWindowsを使っているので、Windows向けのソフトがたくさんある。もちろん無料ソフトもたくさんある。他のOSでも同じだけれども作れる。しかしながら、Windowsアプリケーションの需要は多いので個人的に開発環境や情報については(特にGUI)少なくともMacよりかは多いと思ですよ。

     

    WindowsクソなのになんでBootcamp使うんですか?

    仕事で必要なのはわかるけどHackしてうまくやるのが男ってもんでしょ。元エントリ主が男かどうか知らないけど。(これは面白い理由じゃないですね

     

    exeが動かせる

    リスクを取らないと、チャレンジできない!(違う

     

    フォントは慣れ

    そうなんです。LinuxGUIフォント初めてみた時はなんでこんなくねくねしてるんだと思いました。Macも思ったよりきれいなのかな?と思ったり。でも慣れます。そういうもんです。

     

    結論

    WindowsLinuxUNIXというのは自由ゲーが好きな人用、Appleを使うのは縛りゲーが好きな人というイメージが個人的に有ります。究極的には自由なんじゃないですかね

     

    「自分のクライアントに使うOSなんて、どれでもいいかな。自分の頭で考えたらいーんじゃないかな。と思いました!」

     

    そんじゃーね!