読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    遠隔操作事件を考える 2014/5/25

    世の中 社会

    二転三転あったこの事件だが、この時点で振り返ってみようと思う

     

    容疑者は犯人として扱われるべきか

    今回は誤認で4人も逮捕される自体となってしまった。逮捕される際に犯人として取り扱わず、被疑者として扱うか、

    それとも、「ワイドショー」的なウケが良いから、マスコミを大量に呼んで逮捕されるシーンを移される、大衆型逮捕劇が続くのか。

    物事は変わることが難しいので後者になるのではないだろうか

     

    ネットにおけるメディア問題。

    個人の発信力をもってしまっている現在メディアと似たような問題をインターネットメディアもかせられているのではないだろうか。ただの傍観者ではなく、情報を発信していく。しかしながら、幅広い「誠実な」知識力の獲得は難しいという課題点があり、それはインターネットの自由の問題とも絡んでくるだろう。

     

    司法の限界

    犯人の保釈停止となる、真犯人メールの発信さえなければ、無罪になった可能性がある。というところで、こういったインターネットを使った犯罪についての難しさはある。司法はどこまで正しいかといえば、人間が扱っているのだから、そんなにはきちんと扱われていないのであはないだろうかという思いがある。

     

    警察・検察の不誠実さ

    誤認逮捕したことに反省せず、強気の姿勢を貫き通している。ある程度、組織上仕方ないのかもしれないが、

    前から問題になっている問題であるが、冤罪事件に対しては無罪確定後も冤罪になった人に対して冷たい反応を取り続けてたりする。それは、どうなのかという問題であろう

     

    では。

     

     

    警察組織のすべて (別冊宝島 2175)

    警察組織のすべて (別冊宝島 2175)

     

     

    『劇場型犯罪』とマス・コミュニケーション

    『劇場型犯罪』とマス・コミュニケーション