日本を降りる若者たち 感想

日本を降りる若者たちを読んだ

 

 

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

 

 

昔から続くヒッピー的文化ではなく「沈殿」というそこにほぼ住んでしまうようなスタイルの若者が書かれている。以前「外こもり」とも呼ばれた。

日本の不安定化された雇用、未来への不安、年金問題、さまざまな悩みから旅などでタイを知った若者たちが逃げるために行き着く。そんな内容だった

 

ここに書かれている若者像はよくわかるし、一歩違えば、この人達と同じ生活をしていたかもしれない。そんな、日本に生きるつらさと、タイで過ごす楽さが描かれている。

 

外こもりしている若者たちは、タイなどの物価の安いアジアで日本人同士でつるみ、同じ宿に泊まり、遊んで暮らしている。もちろん、就労ビザがないので働いてはいけないのだが。

海外生活するために、日本に戻って働き、また、ゆっくりと過ごすためにタイなどにもどっていく。

 

未だにレール的人生がもてはやされているけれども、それを巧みに利用したビジネスや搾取が横行しているので、こういった生き方もいいのではないかと思った。

 

もっと楽に生きたい。そう思った。

 

 

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)

 

 

外こもりのススメ―海外のほほん生活

外こもりのススメ―海外のほほん生活