気づいたら

    涙が流れていて止まらなかった

     

    特定の何かが悲しいのではなくて

     

    空間そのものが悲しさに満ちているのだ