ASKA事件から見るリスク社会と無敵の人

チャゲアスASKAが逮捕されてから

イメージソングが使用停止されたり、することが増えている

ASKA→カーペンターズ 電話保留音を変更 福岡市:朝日新聞デジタル

福岡市:ASKA容疑者作詞作曲のイメージソング使用中止 - 毎日新聞

 

ASKA容疑者は確かに犯罪を犯したであろうが、その社会制裁は強すぎではないだろうかという思いが強くなる。

人間だれでも失敗するし、失敗したことがない人間なんていいない。

 

失敗して、そこから復活することが望めず、さらに働かないことを罪だといえば、その人は追い詰められるだろう。自明なことである。

 

リスク社会と「無敵の人」

 

AKB事件 のこぎり「両刃」に細工か NHKニュース

AKB48テロで考える「無敵の人」の行き先

 

閉塞感で満ちている日本の世の中では、ネットスラングで言う「無敵の人」が増えている。ある本にかかれていたことだが、『自分が死んでもいいと思っているものはあらゆる倫理は通じない』という言葉がある。そのとおりだと思う。もはや、救われる見込みすら無いと犯人たちは考えているのではないだろうか

やり直しや年齢差別・職歴差別が解消されなければ、労働人口は更に減り、自殺者と犯罪者が増えていく気がしてならない。

 

 

弱者の居場所がない社会――貧困・格差と社会的包摂 (講談社現代新書)

弱者の居場所がない社会――貧困・格差と社会的包摂 (講談社現代新書)