読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    あなたは悪くない

    はてな 増田 過去 社会

    全てやめて実家に帰った。

     

    わかります。その気持ち。自分も違うけれど同じような過去を持っている。語ってしまうが、容赦して欲しい。

     

    10年くらい前の話になる。

    うちの高校のマーチングバンドは全国大会常連だった。偏差値はその学校は低かった。国語が60くらいあったが、周りの評価がよく自分もダメダメな人間だったので、内申が低く偏差値が低い学校にいくしかなかった。それで、その高校に通い、マーチングバンドを始めた。

     

    練習。練習だった。だが、マーチングバンドはほぼ一応文化系ということになっているが、スポーツというほど体を動かす必要があった。それで運動神経がない自分は頑張った。休み時間も返上して努力した。

     

    だが、同級生に追い付くこともなく、逆に下級生に実力をこされるくらいのダメダメさだった。だけれども全国大会で金賞をとってしまった。その過去が辛くて今でも引津っている。トラックバック

     

    「それなりにやる」ことに罪悪感を持ちすぎじゃないのか 傍から見りゃビートルズから入ってバンド活動に精を出した、十分本気を経験した人間にも見えるが

     

    こういうのがあるが、

    そういうんじゃない。周りに連れて行ってもらった感が脱ぎ払えないから辛いんだろうと思う。

     

    それは、それだけれども、今はゆっくり、休んでください。

     

    では。