読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    自己満足と他者承認

     楽器を演奏するとして、どれだけ上手いかというのが問われるのは、割りと、他人と比較してのことだと考えている。誰々より誰々のほうが上手いという、比較はよくあることだ。

     自己満足なら、特にそういった比較を必要としない。ただ、気になるであろうが、それは、本質的なところではない。

     なにもないところから初めて、何も知らない他社に承認されるところまで、かなり距離のある社会になってしまったのではないかと思っている。

     インターネットによる学習コストの低下、インターネットによる他者の可視化。狭いコミュニティの減少。科学的手法がでまわることによる効率化。そういったものが、現状にあって、他社に認められるまで、とても努力しなければならない。

     また、YouTube等で良い音楽に接することが楽になり、比較する他者もとても増えた。そこでどうすればいいかといえば、匿名性を活かすことがひとつの手だ。

     練習段階を公開するものと、完成段階の発表するもの。名前でその2つを分けてしまう。時期でもいいし、完成度でもいい。また、その2つを上手くつなげるのも一つだが、それはそれなりに、うまい方法を取らなければならなくなる。

     楽器を演奏したいのに、他者承認を得るためにはそれだけではいけない世界になってきているのかもしれない。もっと、多くのことをしなければならないのかもしれない。

     だったら、ある程度自己満足でもいいのではないかと、考える。

     これは、音楽以外でも絵なども含む

     

    クリエイティビティーについて。 - なつやすみ日記

     

     好きなことだから他人なんか気にするな、自己満足でやれ、という意見がよくあるがそれだと絶対長続きしないんだよね。なぜなら本を読むにしても作者のことは感じているし、楽器を弾くにしても作曲者のことを感じているんだよね。誰かのことを気にしてしまう。そういった繋がりが感じられなくなったときに人間は失望するし、多くの人が大人になるにつれて趣味を辞めてしまうのもそういうことだと思う。

     個人的には、年齢なりの、行っている時間なりと平行した上達度が求められるからだと考えている。

     

    「うーん、でも時々ね、俺たちが好きな映画と、今、自分たちが撮っている映画がつながっているんだなと思う時があって、ほんとにたまになんだよ、たまになんだけど、へへへ」

     

     これは、内的な観点からの他者とのコミュニケーションで(外から見たら)自己満足でも、それはそれで、確立されている。

     

     マニュアル化され、コモディティされ、ブランディングされた世の中で、インターネットという世界に航海にでるのに他者に認知されるというだけで、どれだけの努力の必要があるかと考えると、相当必要なのではないかと、考えている。撮った動画を見てもらうのにどれだけの努力が必要かと思うと、絶望的である。競争すべき他者が多すぎる。

     

    Youtubeに有名曲のカヴァー演奏などをアップロードしたりするのはどうだろうか?保証は出来ないけど、そこでオーディエンスから反応があったら楽器を練習するモチベーションにも繋がるのではないのだろうか。相互間コミュニケーションだからね。

     

     YouTubeにすでに大量にあるカヴァー演奏に自分が、さらに一つ加えたというところで、オーディエンスから反応があるかというと、かなり疑問である。そこのところは、かなり悩まされる。