勝間和代サポートメール 数字神経を鍛える 5日目

「あなたは、数字を言葉のひとつとしてとらえていましたか? また、数字をこれから、どのように言葉として生かしていきますか?」

 

あまり捉えていなかったですね。
使いようによっては、ものすごく可能性のある言語ですね

 

論理和や論理記号として使うと、言語としての幅が広がります。

数学を学ぶというのは、新たな言語を一つ修得するより

大きな作用があるのかもしれません。