頭を抱えて

どうやって人と接すればいいのだろう

離れると、寂しく

近づくと、傷つけあう

 

そういった、日々がもしかしたら、必要で愛おしむべき時間なのかもしれない

そんな気がした。