冷たい朝

心は寂しく

空っぽのようで、自分にはなにもない気がしている

ただ、外の人間が、右往左往動いているだけで、

自分は止まっている。止まっているということは停滞

停滞しているものには意味が無い。

今はただ朽ちてゆくのを待ちたいという気持ちが大きい。