コミュニケーション能力がなく、浮いていた経験

小学校時代から、いじめられていた。

まあ、小学生なので、どちらかというと、いじめる人とそうでない人が分かれていたが

 

いじめられる人にはいじめられていた

女みたいだと言われたり、「幸せなら叩こう」と言われて叩かれたり。

下のあそこをいじられたこともあった。

 

新興住宅地だったので、中学受験からするひとが多く

受験勉強のストレスも多いこともあったのだろうと思う。

だが、それは許されることではないだろう。

 

運動神経がないことで、バカにされた。ボールは回ってくることはなかった。

 

中学生の時も、ほとんど遊びに誘われることもなく、特殊学級の子と遊んでいた。毎回同じジブリのアニメを見て、同じゲームで遊ぶ。そんな日々だった。

 

高校時代

カラオケに誘われたこともなく、遊びに誘われたこともなかった。部活には入っていたが、おそらく表面的な付き合いだったのだろうと思う。

 

遊園地のジェットコースターに誰かと乗るというのは、遠い世界のような話だ。横にいるのは親類の誰かか、もしくは、アニメや漫画でそういう場面を見ているのみだ。

 

一人で昼食を食べていた。ぼっち飯だ。全然慣れていたが、周りから浮いている感じはとても嫌だった。

 

周りから浮いている感じを消すことができないまま。今を迎えている。

 

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (420件) を見る