読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    ハックル メルマガ感想 競争考:その32「自分との対話」(2,144字)

    競争考:その32「自分との対話」(2,144字):ハックルベリーに会いに行く:ハックルベリーに会いに行く(岩崎夏海) - ニコニコチャンネル:社会・言論

     

     「自分との対話」で「勝つことが」真(true)になるためには、その前段階として、短期・中期・長期の目標がぼんやりとでも見えている必要があるのではないかと考えた。いわゆるビジョンというものだ。あとは、自身。「自分がそれができる」と思えなければいけない。「自己肯定感」だ、「自分との対話」で「勝つことが」できても、目標、自己肯定感がなければ、己に勝っても、他人に負けるであろう。

     

     後半は経験の話だ。いわゆる「一万時間の法則」だ。久石譲は30歳くらいまでは、まっとうな商業音楽ではく、現代音楽を作っていた。また、ピアノも作曲のため程度にしか弾けなかった。自己に打ち勝ち、「ピアノは小さい頃からやっていないとダメだ」という既成概念を無視し、経験を詰めたからこそ今の久石譲がある。

     

    久石譲のこのエントリで書いたエピソードはこの本に書いてある

     

    感動をつくれますか? (角川oneテーマ21)

    感動をつくれますか? (角川oneテーマ21)

     

     

    岩崎夏海