読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    ブログを書こう!今の金に変えなければいけないという風潮が嫌い。

    イケハヤ、ブログ辞めるってよ - Hagex-day info

    20160209 - インターネットの備忘録

    はてな村とか、ブログとかの話雑感。インターネット大好きの話。 - orangestarの雑記

    更新を楽しみにしてくださっているみなさまへ、大切なお知らせ。 : まだ東京で消耗してるの?

     

     

     これらのエントリを読んだ。

     それはともかく、文章を書きたいんだ。ブログをやる。というと、もはやマネタイズや、SEOそういったものをしなきゃいけないという前提になっている。そういう縛りが私を苦しめる。書きたいのに書けない、表現したいのに出来ない。金が、カネが私を苦しめる。どれくらいかというと、朝起きて頭痛がおこるほどに。真性引き篭りhannkakueisuuさんのように断絶されていそうな文章が書きたい。割り切れない自分。

     

     お金にするとかそ言う言うものから離れて、自分内部の何かを表現しなきゃいけないと思った。FacebookTwitterなどのマネタイズの難しい媒体のほうが発信できるからだ。ブログすら、そういった呪縛からいっかい自分自身を解き放ちたい。そう思っている。

     

    イケハヤ、ブログ辞めるってよ - Hagex-day info

     

     プロブロガーなるものがブログを手抜きするらしい。現在のnoteが黎明期だというのだバカにしているのではないか。ある意味自殺行為だ。私が黎明期だと思っているnoteにイケダハヤトがいなくてよかった。本当にそう思っている。マネタイズができる人間が創作に心血を注いでいる人を潰しにいっているのはみていられない。今のブログというのはある意味そういう状況なのではないだろうか。音楽も、絵もそうだろう。

     

    イケダハヤト (ihayato)|note

     約二年間の放置。これで勝手に黎明期だといっている。何をいっているのかよくわかりません。2014/04/13の投稿を最後に放置し、2016/01/04に投稿再開している。

     

     

     プロなんとかとかいっていながら、フォロワーは私の3倍にすらならないのが現実。もちろん、私もしばらく放置していて、フォローの整理はしていなかったりというのは事実なのだけれども。これで金が稼げるというのだから、消耗させられている。私のブログを書く意欲ははこういった奴らに消耗させられて、失せていた。だが、奴は影響力を減らすだろう!もちろん、それは、希望的観測に過ぎないが。

     

    gyazo.com

    加藤圭一郎@Under The Sky (underthesky)|note

    gyazo.com

    gyazo.com

     

     

     プリミティブな衝動で作るということを忘れたくはない。だから、これを掲げておく。

    Amazon.co.jp: 人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房): 中村 成一: 本 より

    あなたはきっと絵を描くのが大好きなんでしょう。そうでしょう、そうでしょうとも。
    でないとこの本を見ていませんもの。絵が書きたいのに自信がないから描けないよと嘆くあなた、自信なんて才能なんて関係ありません。
    あなたが描いていて楽しければそれでいいのです。
    だから今すぐ描きましょう。

     

     文章を、ブログを、絵、音楽どれをやるにしても技術だの金だのっていうけれども、今の資本主義至上主義・競争主義みたいなものを体現している。楽しければいいよね。と思う。本当に。金が稼げない、技術がない。といった理由で楽しい物を辞めるなんて、ちゃんちゃらおかしいはずだ。そして、そういう言説が嫌いだ。*1

     

    続き、というか別のことに関して。

    続 今の金に変えなければいけないという風潮が嫌い。 - 考えたことについて書いていく

     

    武器としての書く技術 (中経出版)

    武器としての書く技術 (中経出版)

     

     

    人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房)

    人を描くのって楽しいね!―マンガのための人物デッサン― (廣済堂マンガ工房)

     
    人を描くのって楽しいね!衣服編 (廣済堂マンガ工房)

    人を描くのって楽しいね!衣服編 (廣済堂マンガ工房)

     

     

    *1:もちろん、私も人間であるので、自己欺瞞を内蔵しており異なる視点からそういう言説を発することはある。