続 今の金に変えなければいけないという風潮が嫌い。

これの続き。違う視点だけれども。

cdr65820.hatenablog.com

 

アーティストの発信力が下手ならブロガーが代わりにやろう - 私がメディアになる

なんだろうか、このブログを読んで、かなりげんなりした。

 

~アーティスト40人と話した2つの共通点~

わたしはアートが好きで展示会やアート系のイベントに100以上は行きました。
当時、「アーティストがプレゼンをして参加者に寄付をしてもらう」イベントがやりたかったので話を聞きまわってたんです。


~ブロガーは「作品を買う」消費スタイルに移行すべし~
明和電機の大処分市に行ったとき初めてアーティストの作品を買いました。多くのグッズを見てきましたがお金を出したい!と思えるものはほんの3つほど。

 イベントに100以上いってアーティスト40人と話して、買ったのが3つだけ。こういうのを言われてしまうと、「~ブロガーは「作品を買う」消費スタイルに移行すべし~」というのは、全く説得力が皆無であるし、逆に「売名に使われているのではないか」と、考えてしまうほど。キュレーションや紹介を行っているなら、まあ、いいだろうと思う。正直これだけアートに関わって作品を買っていない人に頭を下げて頼まないと思う。

 

 提案したり、企画を行ったりする段階ではなくて、「なぜ自分はこんなにもアートに関わって何も買わなかったのか」を問うべきだと思う。堂々と公開した上で「買う気がない」と言ってしまうのはとても失礼だと思う。一応、記事を書いたid:lamellyとしては、私も会った人の一人に入ると思うし、それは、私に直接伝えられた。

 

 どれだけのアーティストがマネタイズのために制作しているかというと、本音ではもしかしたら、少ないかもしれない。プリミティブに作りたいと思うから制作し続けているのであって、マネタイズのために制作しているというのはどちらかというと、アーティスト的ではなく、クリエーター的なのではないかと思う。

 

金塊並みに価値があるかもしれないじゃん?!

 「ブログ飯」なるものや、プロブロガーなるものも喧伝される現在、ブロガーに「金塊並みに価値があるかもしれない」って思われるのは嫌。必要のない政治的駆け引きするくらいなら、問題のある発信をしていたほうがマシだと思う。場合によって、アーティストを潰しうると思う。

 炎上上等のブロガーと違って、アーティストには繊細な人は多い。

 

 今の金に変えなければいけないという風潮が嫌い。嫌いになる。

 

 

 

アーティストの発信力が下手ならブロガーが代わりにやろう - 私がメディアになる

このページに元々ブコメしてたもの

"88の提案"とか表現規制反対の人達が理解できないものに蓋をしようとした。そういう自己言及のパラドックスは存在する。炎上の可能性 /そもそも表現対象がブログを読む人であるとは限らない。ターゲットの問題も

 

追記 返信を頂きました。

「アートに関わって何も買わなかったのか」について

要返信か、不要か不明だったんで書いていただくとうれしいです。気になる部分があったので意見代わりに返信を。

欲しいものはたくさんありました!
作品を商品として見ているので実用価値があるか・値段・研究材料にできるかを吟味しています。
その結果、必要ではないと判断したので無価値だからいらないんじゃないんですよ。
わたしがアートに落としてるのは主に本やチケット代、交流会で出会った人と話す時間コストです。
今回は初めて研究材料として明和電機を買いました。

加藤さんには「マネタイズには興味があるけど作家性が崩れてしまうので活動の広げ方に迷いがある」ように見えます。
(あくまで推測ですよ!)
ブロガーがPVや売上を公表したり「金塊並みに価値」と言うと食われちゃう!って不安がるのかな…と感じました。

記事提供ありがとうございます。

 

 

関連

【クリエイター・アーティストの方へ】何かを創造する人は「発信力」も磨きませんか? - 今日はヒトデ祭りだぞ!

【うさぎとわたし】友人の個展見に行ったらショッキングだった - 今日はヒトデ祭りだぞ!

 

しないことリスト

しないことリスト