自称平和主義者の反戦主義者と憲法改正派の共通点について

     自称平和主義者でも憲法改正派などに対してヘイトや下劣な批判を行っている人は反戦主義者だね。
     戦争あるいは武力行使、衝突(当事者が意図しなていなかったのも含める)という行為に対して批判するならば、戦争や武力行使、衝突といったものと「戦っている」んだ。
     そういう意味では私も理想主義として反戦主義者なのかもしれない。
    また、平和主義が脅かされるということでヘイトや下劣な批判を行うのであれば、一部の憲法改正派と理論は同じ。「自分たちを脅かすものに対して攻撃できるようにする」というところでね。