読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    JASRAC委託曲である、John Cage4:33について"演奏かどうか"の判断基準。

     簡潔に。
     ジョン・ケージ4:33は三楽章全てにおいて「休み」という指示が与えられている。休みとは演奏しないこと。そして、奏者には楽章間の区切りをどうつけるか。という自由が与えられている。
     "無音の音楽"である、ジョン・ケージ4:33を演奏したか、という判断基準の一つは、奏者が楽章間の区切りをどのように明確にしているか。ということである。
     いうまでもないが、楽章間の区切りがないのは演奏ミスか、4:33を演奏していない。ということになる。

     

     また、ジョン・ケージ4:33はダダイズムコンセプチュアル・アートから影響を受けているとされるが、それについては、後述する。

     

    関連

    Concept memo “Free Improvisation” - 考えたことについて書いていく

    シュルレアリスム(シュールから転送) - Wikipedia